一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

あっと言う間に2月も最終日ですね。(汗)

インフルエンザの猛威もちょと落ち着き、ホッとしています。

ここからは、春に向けて〜三寒四温…。

この三寒四温が我が家では、くせ者なんです。

というのも子供2人とも喘息を持っているので…。

予防も出来ないので、見守るのみです…。

先日喘息かと思ったら、長女っ子が溶連菌…

何度もなるので、困る病気の1つです。

 

さて、今日は1月に次女っ子が体験した一時保育のお話を綴りますね。

あくまで、私の感想ですので…。

 

母の目の手術のために、次女っ子を思い切って一時保育に預ける事にしました。

ちょうど、長女っ子が通っていた保育園で親子で遊びにも行けるようになっているので、

預ける前にも数回遊びに行っていました。

その保育園で一時保育が可能だったので、お願いする事にしました。

 

いざ預けるとなると、お布団など普通に保育園に預けるのと同じ用意が必要でした。

我が家は、長女っ子の一式をまだ取っておいたので、これといって用意しませんでした。

保育園から渡された一時保育の書類を見てビックリ!!!!

記入欄が多い…。

まぁ、当たり前の事なんですよね、小さな命を預けるんですから、

しっかり伝えておかないとダメなので。

次女っ子と私の写真も貼って完了。

時間の合間で書類を書いていたので、結局2日かかりました(笑)

 

そして、ついに預ける日。

長女っ子が、今でも保育園の先生たちが鮮明に覚えている程、

慣れず大変だったので、ドキドキしながら先生に預けました。

ちょうど担当になった先生が、長女っ子が慣れなかった一番大変な時期に

お世話してくださった先生だったので、私は安心しました。

長女っ子の事もあり、その妹の次女っ子は…大変かも…。

という想像をして頂いていたので、先生も万全の体勢で(笑)

先生に次女っ子の体調など伝えて、先生に抱っこされた瞬間、

私は「一日、よろしくお願いします!!!!」と

言ってさっと帰りました。

このタイミングで離れないと次女っ子も先生も困るのは、

長女っ子の時に学習済みだったので。

そのあとも、次女っ子の事が頭から離れる事はなかったです。

泣かずに遊んでいるかぁ?ちゃんとご飯食べれたかなぁ?

お昼寝しているかなぁ?

考えだしたら切りがないです。

何かあればケータイ鳴らすから!と先生に言われていたのですが、

お昼が過ぎてもケータイは鳴らず…。

 

そうこうしていると、小学校から帰って来た長女っ子もお迎えに

行きたい!ついて行くというので、2人で次女っ子を迎えに行くと…。

次女っ子の居る部屋の中を見ても見当たらない…。

「うん????どこに居るのかなぁ?」と思っていると、

先生が次女っ子に「お母さんお迎えに来たよ〜」って声をかけたら、

子供たちの中から遊んでいた車を持って

「かあか〜」って少し泣き出し走って来ました。

そうです、かなり馴染んでいました…。

次女っ子を抱っこするとすぐに泣き止みました。

 

担当の先生から話しを聞いたのですが、

9時に預けて10時頃になって思い出して「かあか〜」って泣いては、

先生に抱っこされて落ち着いて、また泣くを1時間程繰り返したあとに、

絵本の時間になり、絵本大好きな次女っ子は気持ちを持ち直して、

みんなと楽しく読んでもらって、ご飯もモリモリ食べる。

お昼寝も先生にトントンされたらあっという間に寝て1時間半ぐっすり。

その後は、先生たちのお手伝いをして、みんなが起きてからは、

オヤツをめっちゃ食べて、お迎えを待っていたそうです。

はじめての一時保育にしては上出来!!二重丸!!って先生から言ってもらえました。

 

長女っ子は慣らし保育最長記録を持っているので、

不安でしかたなかったので、良かったです。

この一時保育から月日は過ぎ、三月の頭に2日続けて一時保育に行くので、

どうか???また心配です。

はじめの事があるので、どちらに転ぶか分からないので…。

 

一時保育を経験して感じたのは、少しの時間ですが、

お互いに離れると心がリセットされました。

長女っ子を預けたときもそうですが、

24時間365日…

母で居る…

ことは本当に大変という言葉だけでは語れない葛藤があります。

わが子たちはトイレにまで一緒に来るので、

本当に1人になれる時間がありません。

寝かしつけておきようと気合いを入れても寝てしまっていて…。

子供たちは、親から離れることで同じ歳の子たちとのふれあいから

沢山の事を吸収します。

次女っ子は、言葉が遅くて検診でも引っかかっていますが、

一時保育を経験してから、私に伝えたい事が沢山あるみたいで、

一生懸命話しをしようとしてくれました。

 

一時保育をぜひ活用してみて欲しいのですが、

なかなか受け入れてもらえなかったりします。

それと、一時保育に預けれる理由が4つ程あるのですが、

①緊急…親の病気や出産、冠婚葬祭など急な保育が必要になった場合。

②非定型…親の不定期の就労や通勤、介護などで保育が必要な場合。

③私的理由…ボランティアや、リフレッシュなどのために保育が必要な場合。

④裁判員…裁判員に指名されたが、子供がいて保育が必要な場合。

 

通常保育園に預けていない子供でも上の4つの理由があれば、

一時保育の枠で保育園に子供を預ける事が可能ですが、

待機児童が多い場所では、なかなか受け入れてもらえないみたいです。

それと、私的理由で預けたくても、預けていいのかぁ?という思いが…

大きくなってどうしょう?と私は悩んでしまうなぁ〜と思いました。

私は、よく育児に煮詰まるのでこの私的理由が有効に使えたら、

どれほど、行き詰まっているお母さんを助ける事が出来るかも知れない…。

とも思いました。

 

私がお世話になっている一時預かりの保育園でも、

子供を預けた後の行き先を細かく記入するようになっています。

そういう意味でも、どこかで私的理由で預かってもらう時には、

割り切って、これでまた育児が楽しめる!!!と思った方がいいのだと

思いました。

 

もちろん、子供の負担もあるので、一時保育に預ける先は同じ保育園が

良いと思いました。

 

 

このところの子供たちは8歳差をモノともしないケンカを

毎日くり返し、私の怒鳴り声をシャワーの様の浴びています(笑)

たまに、名前を呼んだだけで

「怒られるかと思った〜」と言う長女っ子。

そんな事を言うから、「怒られるような事したの?????」って

追求されるのに…(笑)

 

 

こだわりが人一倍ある次女っ子は、長女っ子に教えてもらった

サングラス2個かけが気に入りです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 悪阻って…。
    Zakuro
  • またしても、突然に…。
    Zakuro

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM